極真祭 2018 横浜川崎支部速報! 2018/08/22

大会結果速報

極真祭   8月18日京都府立体育館

2018全日本壮年空手道選手権大会
40歳〜44歳ー70kg級
大野篤生が見事優勝!
念願の壮年全日本チャンピオンになった!おめでとう!
終始大野らしい積極的な攻撃で、突き蹴り共に切れのある技を出し続けた!
これで、世界マスターズの出場資格を獲得したので、来年は世界マスターズに挑戦する事を期待する!
45歳〜49歳ー80kg出場の酒井静雄は初戦から国際大会数回優勝している強豪と対戦、序盤から酒井らしくない?
蹴り技主体の攻撃で優勢の展開だったが、判定は相手に挙がった。組手以外の立ち方、構えなどが国際チャンピオン常連である相手の方が風格で上だったか!?
相手選手優勝した!
型の伊藤真生  は予選敗退。
懸命に稽古して来た予選型  撃砕小  が、違っていた!
平安その5 だった!
ナント、申込書のカテゴリーを見間違えてしまっていた。
残念な結果になってしまったが、この大会に向けてやって来た稽古を今後に生かそう!
遠い処、応援、セコンドの
程山師範代、広瀬、ありがとうございました!