青少年の部

いたわりの心

青少年の部(18歳までの男女)

今、すべての子供たちが隣り合わせているいじめ、不登校、引きこもり…。実際に悩み、苦しんでいる子供は決して少なくありません。こういった問題に、私たちはどう対処すればよいのでしょうか。極真会館には、一つの解決策があります。極真空手の稽古では、多くの喜びとともに苦しみや痛さを体験し、自分の痛さ苦しさを知ることによって、相手の痛さ苦しさを知ることができるのです。つまり、それこそが他人への思いやりの第一歩となるのです。自分が努力して身に付けた技を全力で相手にぶつけ、相手の技を全身で受け止める極真空手は、学校では学ぶことのできない自己表現の場であり、将来の社会生活へ向けた貴重な疑似体験となるでしょう。

礼儀作法が身に付く!
道場では大きな声であいさつ、返事ができるように指導しているので、大人になっても役立つ礼儀作法が自然と身に付きます。同時に、師範・先生、先輩など年上の人との接し方や言葉遣いを覚え、また同輩・後輩とのつながりを持つことで、社会に出た時に必要な礼儀、リーダーシップ、根気強さ、協調性など、人間関係の根本を学ぶことができます。

青少年の部イメージ

心身ともに強く逞しく!
子供の良いところを見つけて、長所を伸ばす指導に重点を置いているので、子供が自信を付けて何事にも積極的になります。また、昇級・昇段、試合など段階的な目標が設定しやすく、その目標のために厳しい稽古に取り組み、それを乗り越えることでまた自信が付いて、「心身」ともに強く逞しくなり、それは成長における大きな糧になっていきます。

青少年の部イメージ

思いやりの心と体力アップ!
空手の稽古は全身運動なので、体力と運動能力が向上します。また、組手稽古や試合では自分の痛さを通して相手の痛さを知ることができ、自然と仲間意識や相手を思いやる心が芽生えてきます。そして試合を目標にする子供には、極真会館の幅広いネットワークを活かした青少年の国際大会、全国大会への道が開かれており、世界中の仲間と交流できます。

青少年の部イメージ

  • お近くの道場を検索する

稽古の紹介

黙想(はじめ)

  • 黙想(はじめ)
  • 黙想(はじめ)

準備体操

  • 準備体操

基本稽古

  • 基本稽古
  • 基本稽古

移動稽古

  • 移動稽古
  • 移動稽古

  • 型
  • 型

ミット

  • ミット
  • ミット

組手

  • 組手
  • 組手

補強運動

  • 補強運動
  • 補強運動

道場訓

  • 道場訓
  • 道場訓

黙想(おわり)

  • 黙想(おわり)
  • 黙想(おわり)
入会案内はこちら