青少年の部(18歳までの男女)

「子供の頃から武道教育!」

極真会館では、お子さんが小さいうちからの武道教育を薦めています。道場は、先生や先輩、同輩・後輩など多くの人たちがいるので、そこから年上の人との接し方や仲間意識、協調性を学ぶことができます。子供の頃に学んだ礼儀作法や鍛えた精神は、学校生活はもちろん、大人になって社会に出てからも必ず活きてきます。極真会館の特徴として、直接打撃制での組手を行っております。組手時には怪我防止の為、防具を身につけますが、多少の痛みを知ることで忍耐の精神や、相手への思いやりの心も育みます。また、空手は全身運動なので、すべてのスポーツの基礎となる身体の使い方を学び、身体コントロール術が身につき、運動能力の向上に繋がります。

 

「4歳から始める事が出来ます」

青少年の部の詳細
少年部集合写真①

一般男子の部(18歳以上の男性)

「真の強さを求めて!」

武道や格闘技を志す人にとって、大きなテーマが「強さへの憧れと追求」です。極真会館では、「最強求道」を団体の活動指針としており、生徒は帯の昇進、試合での実績など各自で目標を設定しながら「最強・強さ」を追求しています。昨日の自分より、一歩でも強くなるという目的があるから、日々の稽古で頑張ることができるのです。

「初めは全員初心者です」

一般男子の部の詳細
演武 一般部 組手

一般女子の部(18歳以上の女性)

「凛然とした女性は美しい!」

道場には、一般の女性も多数在籍しています。学生、OL、主婦など年齢も様々で各自の目標に向け、日々稽古に参加しています。空手を習っている女性は”凛”とした雰囲気があります。背筋が伸びていて、肩にムダな力が無く、自然体です。肩の力をぬき、呼吸を丹田(下腹)に落とし、脇を締める。こういった空手の稽古を積む事により、内側から自然とにじみ出るような”凛”とした雰囲気が身に付くのです。

「インナーマッスルを鍛え、活きた美しさを」

一般女子の部の詳細
女子部 型

壮年部

「空手を始めるのに、年齢は関係ありません!」

道場では、80歳以上の生徒や先生も在籍し、自分のペースでコツコツと目標に向けて日々稽古に励んでいます。空手を始めるのに、年齢は関係ありません。30代から40代、50代、上は80代まで、思い立ったその時が適齢期です。無理なく、体力に合わせたクラスとメニューで、マイペースで始める事ができるので、体力に自信の無い方でも安心です。

「自分のペースでコツコツと」

壮年部の詳細
演武 原島