少年部

1980年代から著しく子供の体力・運動能力は低下しています。
学校管理下の負傷事故発生率は、中学校では1966~1996年の30年間で3倍に増加しており、運動時間の減少による筋力の低下・身体バランスの低下が大きな原因の一つとして考えられています。

ジュニア期のトレーニングは重要ですが、大人と同様に行うことは好ましくありません。体の機能(神経系・代謝系・筋肉・内分泌系など)によって成長速度が異なるからです。
例えば、ジュニア期からトレーニングしたい筋肉である大腰筋。この筋力が弱いと一般的に多く見られるのが猫背・腰痛・冷え性・肥満です。
大腰筋は成長期にどのような生活を過ごしたかで発達の度合いが異なります。
当支部では、これら専門家のアドバイスを取り入れ、日々の稽古に生かしています。また、稽古することは脳にも関係します。脳には大きく分けると3種類の神経がありますが、その1つセロトニン神経が高まると運動神経が活性化され集中力が高まります。
俗に言う「キレる」人もこのセロトニン神経を高める必要があります。
当支部では、これら専門家のアドバイスを取り入れ、日々の稽古に生かしています。

 

img_course2
一般男子の部

しっかりした体作りが、「ケガの防止⇒良質な技術練習⇒空手の上達」という好循環をもたらします。
基本稽古や型稽古、専門フィジカルトレーナー監修のトレーニングなどで体力・バランス性を向上させましょう。
自身の体調も考えて、運動強度が高い種目は休んだり、軽く流すことも大事です。

極真空手の試合技術の他、 本来の格闘に必要な基本技術も習得していきます。
黒帯取得時には、どのような状況でも身を護れるような心技体の強さを目指します。

 

img_course4
一般女子の部

心身共に健康的な生活を送るために、極真の稽古で適度な運動を習慣にしましょう。
トレーニングをしていない人の筋力は、20代をピークに70代で約半分に衰えます。
現在では、年間に約10万人の高齢者が転倒事故から寝たきり状態になるという報告があります。
その一番の原因が筋力低下といわれています。
極真空手で仲間と爽やかに汗を流し、実年齢よりも若い筋力年齢を維持しましょう。

現在、壮年部・女子部の稽古は一般部と合同で行っています。

 

img_course3
壮年部

心身共に健康的な生活を送るために、極真の稽古で適度な運動を習慣にしましょう。
トレーニングをしていない人の筋力は、20代をピークに70代で約半分に衰えます。
現在では、年間に約10万人の高齢者が転倒事故から寝たきり状態になるという報告があります。
その一番の原因が筋力低下といわれています。
極真空手で仲間と爽やかに汗を流し、実年齢よりも若い筋力年齢を維持しましょう。

現在、壮年部・女子部の稽古は一般部と合同で行っています。

img_course5