2017国際親善空手道選手権大会 2017/04/19

4月15日東京体育館にて2017国際親善空手道選手権大会が開催され胆振から伊藤選手と栗山千寿嘉選手が壮年45歳以上-80kgと11歳女子-40kgにそれぞれ挑戦しましたが残念ながら結果を残すことができませんでした。sinzen2017-1どちらの選手も普段の力を発揮できず課題の沢山残る内容となりました。栗山千寿嘉ちゃんは型試合にも挑戦し、こちらも結果を出せず悔しい思いをしましたが、初の全国大会なので全て勉強となり次に活かせると信じています。現在は横浜北で修行中の伊藤滉一郎選手も型試合に出場し同じく良い結果を出せず今後に期待です。また、遠方からの出場のため壮年組手のセコンドに付いてもらいました。横浜北の諸先生方及び保護者の方に深く感謝申し上げます。sinzen2017-3sinzen2017-2